お金を借り入れる場合、計画性が大切です。

個人的には人や金融機関からお金を借り入れることは好きではありません。

全額返済できるまで、借りたお金を返さなければならないというプレッシャーに常にさらされることになるからです。

また何らかの事情で返済が滞ったり、返済できなかったりした場合に、自分と貸し手との関係が悪化することになります。

このような状況に陥ることも好きではありません。

それでも状況的に誰かから金銭的な助けを得なければ生活できないような状況や、一時的にどうしてもまとまったお金が必要となるケースもあります。

実際に自分も自営業を営んでいるために、クライアントからの給料の支払いが送れ、生活費が底をつくということがありました。

このときは自分の親からお金を借り、給料が支払われた後に返済しました。

しかし個人的には自分の贅沢のためにお金を借りることは、賛成できないことがあります。

もちろんきちんとした返済計画を立て、それが現実的なものであるなら問題はありません。

しかし返済できるかどうかわからないにも関わらず、ほしいものがあるので借金をするという考え方は好きではありません。

このような形でお金を借りた場合、借りたお金を全額返済できなければ借金をして購入したものを再び販売し、お金を作って借金を返済するという悪循環が発生します。

また新品で購入しても販売するときには中古品となるために、販売価格が著しく下がるのが一般的で、結局、損をすることになります。

お金を借りる場合、計画性は非常に重要です。

ちゃんとニキビケアをしておけばよかった

私は過去に間違ったニキビケアの対処法をしてしまったがために、ニキビ跡が顔のあちこちにできてしまうという羽目に陥って、とても後悔した経験があります。

そんな間違ったニキビケアをしてしまったのは、中学生のころのことです。

当時は自分だけでなく、周りもみんなニキビができていたため、みんなでいろんなニキビケアの方法を話し合ったものですが、当時は大して知識もなかったため、適当に潰したり、顔を清潔にしてしまえさえいれば大丈夫ではないだろうかとの思いでした。

そんな風に何も知らないにも関わらず、調べようともせずにニキビケアをしてしまったのが最大の失敗でした。

なぜちゃんとニキビケアの方法を調べなかったのかと後悔しています。ニキビ治験バイトでもすれば良かったとも思います。

そのせいでニキビ跡が残ってしまうことになってしまったのですから、もう一度昔の自分にニキビケアをちゃんとしなさいと叱ってやりたいほどです。

そうしてニキビ跡ができてからはニキビ跡を治すために、今度はちゃんと方法を調べることにしました。

ただニキビ跡というのはニキビと違い、なかなか治しにくく、やはり一度できてしまうと顔からキレイに消すのは困難だなと感じます。

なので、やはり最初からキチンとケアしておけばよかったなと今更ながら思う私でした。

看護師の求人が多い理由

現在では、看護師の求人はとても多く出ています。なぜ多いのかと言うと、それだけ仕事を退職する看護師が多いからです。退職する理由の多くは、その病院への不満があることからです。

主に、どんな不満があるのかと言うと、仕事量の割りに給料が低いこと、残業が多すぎること、職場の人間関係、研修や課題が多い等です。そのため、以上の不満が無い職場を求めて今度は転職を考えるのです。

しかし、これだけ求人がたくさん出ている中で、働きたいと思う職場を1つだけ見つけることは困難です。求人票に記載されている情報には、職場環境や人間関係等の内部の情報まで知ることができません。

それでは、内部の情報まで知った上で、転職するためにはどうしたら良いでしょうか。転職支援サービスを利用すると、担当になるコンサルタントが内部の情報を調べて最良の求人を紹介してくれます。自分ではリサーチしきれない情報を得て、不安無く転職へ臨むことができるので、嬉しいサービスです。

また、コンサルタントがよく意見を聞いてくれて、自分の希望条件に合った求人を探してくれるので、心強いです。自分自身で求人を探し、病院又は施設に応募することは勇気がいるし、面接でも何を話したら良いか不安になります。

そのため、転職支援サービスを利用し、求人を探してもらうと安心です。

出産入院中に出会った看護師さんに感謝しています。

初めての出産の時、実家の近くで産むことが出来ずいろいろと不安で心配がつきなかったのですが、産科の看護師さんたちにとてもお世話になり励ましていただいて安心して出産に臨むことができました。

やっぱり大きな病院の高収入の看護師さんはすばらしいですね!

ベテランの看護師さんばかりだったので、陣痛で痛がっていたらすぐにさすりにきてくださったり、常に顔をみにきてくださたっりとしてくださっていました。

出産後は、緊急帝王切開だったため他の方より回復が遅く輸血も必要なくらいダメージが大きかった私に常に新生児室にいる赤ちゃんの様子を教えてくださったり、突然押掛けてきた義父母たちを上手にかわしてくれたりと、感謝してもしきれません。

赤ちゃんが母乳が出ずに泣いてひどい時も、すぐに駆けつけてきてくれて、母親である私に優しくしてくれました。

入院中はしっかり看護師に甘えて回復しなさいと言ってくださり、体だけではなく個々をのケアもしてくれました。

心配ごとがあったら、すぐに相談していい環境を作ってくれて入院中はこのベテラン看護師さんのおかげで快適に過ごせました。いまでも、感謝しています。

病院以外の看護師求人さんにお願い

病院以外の看護師求人でも病院の看護師でも同じなのですが、求めるものは優しさです。小さなことにも気を配り、患者さんの立場を考えて行動できる優しさがあるといいな、と思います。

私は入院していたことがあります。そのときに多くの看護師と接しました。
看護師にもいろいろいて、患者さんに対して思いやりがなく乱暴にものをおいたり、脈を測ったりするとき強く腕をひっぱる方がなかにはいました。優しい看護師は、丁寧な行動をします。

食事は看護師が部屋まで運んでいました。忙しいのはわかりますが、ときに食事が病棟に届いているのに部屋になかなか運ばれないことがあります。こういう看護師は、患者さんに早く食べさせてあげようという気配りができていないと思います。
気配りができる看護師は、忙しくても時間になったら運んでくれました。

排泄の処理も看護師がしました。どの看護師も嫌な顔せずやってくれますが、トイレの片づけを乱暴にされたりすると申し訳ない気持ちになります。

些細な行動も入院中の患者には気になります。小さなことにも気を配れる優しさがあるといいです。

どんな看護師さんにも明るさを求めたい

私が今まで病院にお世話になったときの経験から言うと、看護師さんというのはベテランの方でも若い方でも患者側からするとあまり違いはないように感じます。また多少そのスキルに差はあっても、それぞれがそれぞれによいところがあると思います。

例えば若い方であれば何事にもすごく一生懸命で、きびきびとした動作が見ていて好感が持てます。そしてベテランの方は貫禄があり、安心してすべてを任せることができます。

ただどんな看護師さんにでも必要だなと思うことは、明るさだと私は感じます。託児所つきの看護師求人があると看護師も明るくなると思います。

たまに若い看護師さんが上司の方に注意されているのをみかけたことがあります。そういったことを患者と接するときには表に出さず、ずっと笑顔を保っていられる方であれば看護師に向いているのではないかと思います。

患者というのは病院では孤独であり、不安なものなのでとにかく明るく接してくれる方を求めます。退屈な入院生活を少しでも彩りあるものにするための看護師さんであればいいと思います。

好きな物集め

私の娘は、今小学4年生です。
最近は、お洒落に目覚めてきて髪型を特に気にしている様です。

買い物をしていると、必ず雑貨屋などのヘアグッズの所にいき、鏡の前でアレコレと物色しては、つけて見て、頭を傾けたりポーズをとっています。

しかし、周りの目は気にならなのだろうか…、見ているこっちの方が恥ずかしいんですけど。
今でも沢山ヘアグッズはあるのだが、やはりもっと欲しいのだろうな。
好きな物を沢山集めたい時期なのかも知れないですね。